自分でクレジットカード現金化

自分でクレジットカード現金化

ヤフオク、マイルやedyの交換、PayPal・・・現金化の方法はいくつかありますが、実際のところどうなのでしょうか。

昔なら新幹線のチケットをクレジットカードで購入する方法が一般的でしたが、最近は厳しくなっており、ほぼできないと考えた方がよいでしょう。

理由はいろいろあると思いますが、新幹線チケット購入をカード決済した場合に、カードの支払いが滞る確率が高くなるといった統計(今話題のビッグデータの活用)があったのも原因の一つかなと思います。

こうしたデータは、コンビニのPOSシステムやクレジットカードでは、昔から活用されており、現金化に限らず、高額な商品を続けて購入する場合、カード会社から確認の電話がかかってきたり、最悪の場合、自動的にカード停止になってしまったりするので、気を付けなければなりません。

ヤフオクで換金する場合、自己のIDで売買はできませんので、第三者を介することになります。
出品者もアカウント停止のリスクがありますので、その第三者が信頼できる人でなければなりません。
取引では簡単決済を利用しますが、5.25%の手数料と出品料、出品者の手数料など全て負担するため、現金化する段階で、88%前後の換金率になります。
入金までの時間も、平日昼間の場合、早くても翌日で、夜間や休日を挟めば更に数日掛かかります。
しかもこれはうまくいった場合で、高額商品の場合、オークション側のチェックが入りますので、取引停止になる可能性は捨てきれません。

ネット上には、Paypalを使えば業者を利用せず高換金率で現金化を謳っている業者(個人含む)もいます。
仕組みは簡単で価値のないフリー画像を10数万円でカード決済して購入するだけです。いわゆる著作権フリー素材のサイトの返金システムのことです。のちにキャンセルして返金してもらうわけですが、手数料名目で30%引かれた例があり、実質半分しかこなかったという実例もあるので、やはりリスクが大きいといわざるを得ません。

自分でクレジットカード現金化する場合、一番安全なのはやはり飲み会などで幹事になって、現金で集めてクレジットカードで支払うや、高額商品を購入する友人の買い物代行です。
うまくいけば100%以上戻ってきます。
ただし、金額や時間(いつ買い物の必要があるか)選ぶことができませんので、こまめにチェックするしかないでしょう。


トラックバックURL

http://xn--lckh1a7bzah4vueo733at9dvn2bpx7ciiybe96b.net/jibun/128.html/trackback

ゲーム